ナノカーボン材料に関する研究

ナノカーボン材料の成長

  1. 大面積基板上長尺・高密度で垂直配向した『二層カーボンナノチューブ(DWCNT)』の高速成長

  2. 金属内包カーボンナノチューブの成長

  3. カーボンナノホーン(CNH)の合成
  4. メゾポーラスカーボンの合成

ナノカーボン材料の評価・分析

  1. 透過型電子顕微鏡(TEM)によるナノ材料の評価・分析

  2. TEMによる『その場」観察技術による評価・分析および極限状態での新規ナノ材料の合成
  3. ナノカーボンの機械的特性評価(木之下研究室との共同研究)
  4. ナノカーボンの安全性評価(リスク評価)(佐藤研究室との共同研究)

ナノカーボン材料の応用

  1. 高強度・高伝導・高熱伝導の超軽量カーボンナノチューブ線材の開発

  2. 高出力・高容量スーパーキャパシタ(蓄電デバイス)の開発(仁科研究室との共同研究)

  3. 高効率CNT/ポリマー線材ソフトアクチュエータの開発(松本研究室との共同研究)

     

  4. 高強度・フレキシブルCNT紡績糸熱電発電デバイスの開発(羽田研究室前田研究室との共同研究)

  5. ナノカーボンの分散技術開発

有機半導体の研究

高分子半導体の高結晶化塗布技術(プリンティング)の開発

有機半導体デバイスの作製・評価

  1. 低分子有機トランジスタの作製・評価(理学部・久保園研究室との共同研究)
  2. 高分子有機トランジスタの作製・評価
  3. 高分子有機太陽電池の作製・評価